Booker's Journal

ゆりかの日記

日記と万年筆とテクノロジー

ブログ書いている分際で今更何を言っているんだと思われるかもしれないけど、最近、日記が書きたくなってきた。

じゃあこのブログは何なんだ?んー思考の流れをそのまま映したタイピングの練習帳ですかね()

 

 

さいきん友人から「ゆりか、何時何時何処何処でこんなことあったよね!or したよね!」なんて言われて、

 

全然思い出せない。。。私は日々何を知覚して生きているんだ。。。?

 

ってすごいことに気づくと同時に落ち込んだのです笑。私みたいに日々のんびりと、いや漠然と暮らしていたら、各々の日に何をやっていたかなんて全然記憶に残らないことにショックを受けました。みんなも、昨日の朝ごはんとか、おとといのお昼ごはんとか、2週間前の夜ご飯とか、ordinary daysのご飯なんて覚えてないですよね!?それと一緒です(違うか)

 

そんなわけで日記でも書いて、少しでも日々を振り返る時間を作ろうというのが今回の目的である!

 

で、ここで大きな問題なんだけど、紙に書くか、パソコンとかスマホで書いてしまうかっていうアレがあって悩んでいるのです。。。紙に手書く良さも捨てがたいけどテキストデータとして保存検索に長けているのもまた魅力。私はどうすればよいのでしょうか。

 

 

とりあえず万年筆ポチった。LAMYだけど。おしまい

広告を非表示にする